NUA活動記録
タブ作成ソフト  
パワー・タブ・エディター(PTE)入門  
於:2005年12月18日 NUA例会 by Meg
サンプルファイル   

ウクレレのタブ譜作成に大変便利な道具であるパワー・タブ・エディター(PTE)という無料のパソコン・ソフトの操作法について、プロジェクターによる実演で勉強会を行いました。その際のテキストを紹介いたします、参考になれば幸いです。

  • このフリーソフトを使用する事で損失を被った場合の責任はお取りできません。今回の講習では POWER TAB Version 1.7を使用。
  • 操作方法などのお問い合わせはお受けしておりません、関連サイトやの掲示板等で意見交換するなどでお願い申し上げます。
  • 本テキストの営利目的での利用はご遠慮下さい。


■パワー・タブ・エディター(PTE)とは
タブ譜が誰でも簡単に作成できるフリー(無料)のソフトです。

★良い点

★悪い点

■ソフトのダウンロード方法

本体ソフト http://www.power-tab.net/  
日本語化パッチソフト http://www005.upp.so-net.ne.jp/mick-guitars/top.html  

本体ソフトはダウンロードしたらダブルクリックして解凍し、「Setup.exe」を実行すれば インストールできます。 日本語化パッチソフトも同様にダウンロードして解凍し、「PowerTabEditor1_7_J.exe」の実行で本体を日本語化できます。日本語化パッチソフトは本体ソフトと同じ場所に置かないと機能しないので注意!  

■PTE関連サイト
■入力のための準備
(1)4弦用のタブ譜に設定
「ファイル」→「新規作成」→「新しいPower Tabファイル」 ギタースコアの4をクリック。


(2)ウクレレ用のチューニングに設定する

 
  1. 左端、下から2段目の赤いギターのマークをクリック

  2. 「ギターの設定」ボックスの右側、チューニングの所を上から『A4』『E4』『C4』『G3』と入力。
    High-Gチューニングにする場合は4番目の『G3』を『G4』にする(文字を入力してもボックスの中は何も表記されませんが、下にあるOKをクリックすればこの設定は有効になります。気になる方は、下にある「♯」ボタンを押すとボックスに文字が表示されます)。

  3. 一番下にあるオフというボックスを『−12』にする(これで楽譜の表記を1オクターブ下げることができます。ウクレレでは実音より1オクターブ下げて表記することが慣例となっているので、このような設定を行います。もちろん『0』のままでも入力できますが、楽譜が高くなりすぎて見にくくなるので…)

  4. チューニングの項目のオフの上、ウインドウズマークをクリック。「デフォルトとして選択されたチューニングを保存しますか?」というボックスが出るので「はい」を押し、「ギターの設定」ボックスの「OK」を押す。「ファイル」→「保存」をクリック。 (この設定をした後、新規作成されたファイルで4弦を選んだ場合のギター氓ヘ、自動的に [ 2 ] で設定したチューニングになります。ただし [ 3 ] の作業は行う必要があります)


    ※[ 1 ]・ [ 2 ] の作業は以下の方法により省略できます。

  5. この講義で使っているサンプルファイルを開き別の名前で保存。

  6. サンプルファイルのタブ譜を全部消して(「セクション」という項目の中の「削除」を使えば、1行単位で消すことができます。ただし最後に残った1行はこれで消すことはできません。(タブの数字をクリック&ドラッグでまとめて削除したあと、データを一つずつ消してゆくしかないようです)保存しておく。

  7. 新しいタブを作る時は、これを開いて別の名前で保存して使う。  
       
    サンプルファイルでは
    ギター I はLow-G、ギターII はHigh-G、ギター III はLow-Gに設定してあります。必要に応じて使い分けてください。


■入力方法(基本編)

  1. 曲のキーを入力  


  2. 拍子を入力
     

  3. テンポを入力
     

  4. 音符を入力(数字を先に入力して、あとで音符の種類を変えたほうがラクです)  


  5. 小節線の入力


  6. 「ギターイン」記号の入力(これを入れないと音が出ません)  


  7. 新しい段を追加する(楽譜の一段分をこのソフトではセクションと呼んでいます)


  8. コードの入力  


  9. 繰り返し記号の入力  
      D.C.(曲の頭まで戻りそこから演奏−D.C.の記号をつけるだけでOK)  
      D.S.(セーニョマークまで戻りそこから演奏−D.S.の記号をつけた後、戻りたい位置にセーニョマークをつける)  
      Coda(コーダマークのまで飛んでそこから演奏−To Codaの記号をつけて、飛びたい位置にコーダマークをつける)  
      Fine(これで曲はおしまいという意味)  
      これら4つを組み合わせることもできます。たとえば  
      D.C. al Codaは曲の頭まで戻ったあと次に適用されるのはCoda記号という意味、  
      D.S. al Fineはセーニョマークまで戻ったあとFineまで行ったら終わりという意味です。
     


  10. 音の大きさの入力
     

  11. リハーサル記号の入力
    IntroとかVerseなどの記述をいれず、単に記号のみを入れる場合は「記述」の欄にカーソルを合わせ、スペースキーを一回押してください。そうしないと入力できません


  12. タイトルの入力
    「表示」→「ファイル情報」から入力。
    印刷プレビュー画面では中央にタイトルが出ますが、印刷すると右よりになってしまいます。
    タイトルを中央にする場合は、ツールバー「テキスト」で入力し楽譜上に配置。

  13. 自動整形(音符の位置をきれいに直してくれます)
    ・譜面全体 = 「ツール」→「自動整形」
    ・一段のみ = 「セクション」→「自動整形」


  14. スコアチェック(正しくタブ譜が作れているかどうかチェックしてくれます)  

■入力方法(応用編)

  1. 伴奏をつける
    (リズムスラッシュ入力→コードダイヤグラムリストの設定→ギターイン記号をつける)

  2. アンサンブル用にパート別のタブ譜をつくる
    (セクション→パートを追加→音符の入力→ギターイン記号をつける)

  3. 歌詞の入力
    (テキスト→挿入→文字の入力) ※日本語は入力できません

  4. 完成したタブ譜の音だけを別に保存する
    (ファイル→出力→MIDIファイル)※携帯の着信メロディーとして使っている方もいました。

  5. 完成したタブ譜を画像として出力する
    (セクション→ビットマップに出力)  
      ※下記のようにワード等で作った原稿やHPなどに貼り付けることができます  
     

  6. 数字だけの簡易スコアに変換する(ファイル→出力→ASC II ファイル)  

       
■最後に
ここでは、ウクレレのタブ譜を作るのに最低必要な操作を説明しました。この他にもスライドやベンドといったギターの特殊奏法を表すのに使うボタン等々あるのですが、私自身ギターの奏法に詳しくないことから今回は割愛させていただきました。  
   短い時間で説明したので、すぐにはわからないかもしれません。まずはともかく、ご自分でいろいろいじってみることをお薦めします。勉強になる方法としては、完成しているタブ譜を分解してみることです。タブ譜のところにカーソルを合わせると、そこを入力するために使われたボタンの色が変わります。そこから入力の仕方を解析してゆくのです。  
  最近のパソコンはめったなことがない限り壊れませんので、パソコンが苦手な方も気楽にいろいろ遊んでみてください。ただし、保存をこまめにすることだけは忘れずに。
(*「表示」→「設定」→「全般設定」→「自動保存」 任意の設定時間で自動保存。) 

[ HOME ] [ 活動記録 ]